私が受けた2つのニキビ跡治療

何度か通っている内にみるみる変化に気付き驚き

写真

私は7回ほど施術を受けながら、少しずつ肌に負担をかけないように健康な肌に近づけました。赤みは薄くなりましたが、元々色白なので少し残っていました。化粧で自然と隠せるので周りから見ればきれいな肌ですが、ノーメイクで鏡を見たときに気になったため、皮膚科でケミカルピーリングより美白効果のある治療法を受けることにしました。それはハイドロキノンを使った方法で現在も続けています。ハイドロキノンはクリームになっていて、ニキビ跡 以外でもシミを無くせるので一石二鳥です。


写真

クリームを塗る前には肌を清潔にするため洗顔します。通常は古い角質を落とせる洗顔料を使いますが、ケミカルピーリングで手入れをしていたのでこれ以上角質を剥がす必要はありませんでした。顔が濡れている時は水分を吸収する力が強いので、クリームを塗ることはできません。化粧水などの一般的なスキンケア用品は、有効成分がたくさん浸透した方が肌トラブルを解決できます。しかしハイドロキノンは刺激が強いので、あまりにも浸透力が高いと赤みなどかえってトラブルを引き起こします。


  1. 痛みもなく保湿剤も処方してもらい
  2. 何度か通っている内にみるみる変化に気付き驚き
  3. 医師からの指示どうりにクリームを塗り改善しています

copyright © 2016 皮膚科で受けた治療はケミカルピーリングでニキビ対策 all rights reserved.