私が受けた2つのニキビ跡治療

医師からの指示どうりにクリームを塗り改善しています

写真

特に私のように敏感肌だと体調が悪い時などすぐに肌の異常に気づきます。ハイドロキノンクリームは洗顔後20分以上待ってから塗るのが基本で、いつも使っているスキンケア用品は使いません。ハイドロキノンと化粧品の成分の相性が悪いと肌荒れが起こりそうだと考えるためです。クリームは綿棒で少しだけ取ってニキビ跡やシミに塗ります。1つのチューブにはたくさんの量は入っていませんが、2000円ほどなので皮膚科で処方されるクリームと比べてずば抜けて高いとは思いません。ハイドロキノンクリームは酸化しやすいので、大容量で処方してもらうことができません。私は仕事の都合上皮膚科に定期的に通うことが難しく、時には面倒だと感じるのでクリームをもらいにこまめに通院するのがデメリットです。


写真

また医師からは日焼け止めを欠かさないようにと指導されました。ハイドロキノンはメラニン色素に作用するので、太陽の光を浴びても肌が黒くなりません。しかしメラニン色素には人間の皮膚を守る働きがあるので、日焼けによるダメージは確実に受けます。黒くならないからとハイドロキノンクリームだけを塗ると、火傷のような皮膚の炎症を招きます。私はハイドロキノンクリームを塗った後にSPF50の化粧下地とファンデーション、日焼け止めクリームを順に使っています。


  1. 痛みもなく保湿剤も処方してもらい
  2. 何度か通っている内にみるみる変化に気付き驚き
  3. 医師からの指示どうりにクリームを塗り改善しています

copyright © 2016 皮膚科で受けた治療はケミカルピーリングでニキビ対策 all rights reserved.